読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocomat's BLOG わかってないひとの書評

このブログは、本や美術展等の感想とその他ムラムラっとした雑記も交えてお送りいたします。

【美術館】行きたい美術館3/25【予習】

f:id:cocomatz:20160322210141j:plain

季節の変わり目である。卒業式シーズンである。先日、久しぶりに大学時代の友達と飲みに行こうという話になって、久しぶりということで、近況報告やら仕事の話やら、ゲームショウのブースの9割が今じゃスマホゲームだとか、いろいろつもる話があったのだが、ちょうどそこに男子大学生。俗にいうD.D.の集団が雪崩れ込んできて、飲めや歌えや、喧嘩はするわ、タキシード姿で異常なまでの騒ぎっぷりで、迷惑を通り越して、そこまで出来るならいっそ頑張って騒ぎた押してください。と言った風になってしまった。我々はまだいい。しかし、土曜の夜の渋谷となればまぁそれなりにアベックであふれるわけで。あの状況で、何人の男子が口説くのに失敗したのかと思うと胸がアツくなる。

こんばんは。コマツです。

金曜ということで、毎週恒例の行ってもないのにああだこうだいってみる。既にお気づきのかたもいると思うが、ここに書いたからと言って行くとは限らない。原美術館は遠いし、横浜も遠い。何なら財布にはなにもはいってないなんてこともザラにあるわけだ。給料日前でなくてもお金はないし、天気が良くても外には出たくない。よくある話だ。そうなってくると一体この記事になんの意味があるのか。今はまだ誰にも知る由もない。

幕末の浮世絵ツートップが渋谷でマッチアップ。

www.bunkamura.co.jp

ナウい!なんてナウいコピーライトなんだ!幕末で浮世絵にもかかわらず、にじみ出るセンター街感。そこはかとなく西洋嗜好に染められてお国の文化にもかかわらずいまいちピンときづらい日本美術だけれど、案外これくらいの軽い気持ちで楽しんだところで国芳、国貞にはたたられることはまずないだろう。いい加減楽しんでみたい。日本美術!

日本の現代アート、最前線!

www.mori.art.museum

はい、きた。現代アート。これは行く。明日行く。今現在の社会の雰囲気、問題、流れといったものをどのように捉えるのか、どのように表現するのか。その最先端の展示になるかもしれない。アーティストの個展、以前の「サイモン・フジワラ」の展示のように、個展となると個人のバイオグラフィーなどに沿った展示になりがちだが、こういった企画物になるとどういう表現が見えてくるのか、より時代をとらえた作品に出会えるのではないかと思う。すごく楽しみな展示。

 

その他にもいま巷で話題のイッセイミヤケ展。イッセイミヤケ史上最大の展覧会だが、これはもちろん行く。2回は行く。図録も買う。しかしおそらく記事にはしないと思う。恐れ多すぎて、怖すぎて自分の中でゆっくりと補完しようと思う。


I WALK ... QUARKS (Superpitcher Kompakt)

 おやすみなさい。

 

関連記事

 

cocomatz.hatenablog.com

cocomatz.hatenablog.com

cocomatz.hatenablog.com