読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocomat's BLOG わかってないひとの書評

このブログは、本や美術展等の感想とその他ムラムラっとした雑記も交えてお送りいたします。

【半島を出よ(下)】できればもう二度と読みたくはない。村上龍のすこぶるヤバい作品【読書感想】

f:id:cocomatz:20160424214846j:plain

ついに読み終わってしまいました。長かったです。本当に長かった。途中他の本を読んだり、通勤中の電車と昼休みにしかほとんど読んでないこともあって、上下巻を読み終わるのにほとんど一ヶ月かかってしまいました。ここまで挫折しなかったことも驚きだし、まずこの量を見てよく読む気になったなと自分でも感服しております。

こんばんは。コマツです。

『半島へ出よ(下)(村上龍)』読み終わりました。長かった。本当に長かった。これ分厚くて思いから持ち運ぶのもちょっと億劫になるんです。でもこれで明日から鞄の重さが昨日までの半分になるかと思うと心がすくわれる気持ちになります。

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

 

今月の頭に上巻の記事を書いているのでほとんど一ヶ月のスパンがあいてしまったのですが、実際ものを見てもらえば分かる通り、上を読んだ後の手をすぐに下に向けられるほどの体力も根性もコマツにはなく、ここまで読むのが遅れてしまいました。しかしまぁ、積み本にならなかただけ良かったです本当に。

cocomatz.hatenablog.com

想像と現実の狭間にある快感。

当分、ヘタすれば一生読まないかもしれません。

ここまで愚痴のようなことをつらつらと述べましたが、実は吐きたくなるくらい面白い作品でした。と、いうよりも描かれる世界があまりにも緻密過ぎて前の記事でも書いたように現実との境が曖昧になってそこに物語特有の非現実さがぶっこまれてくるのですが、これが異常に麻薬として脳みそに染み渡っていくのです。現実じゃないとわかっていながらも、描かれる世界を想像することが本当に容易で、それが狂ったり歪んだりぶっ壊れる様は痛快そのものでした。

その緻密さは最後の14ページにも渡る参考文献と参考資料の細かい字の羅列を見ていただければ嫌でも納得させられると思います。とにかく気が狂ってるんじゃないかっていうくらい頭のおかしい作品です。そしてそういった取材や資料の山から浮き彫りになる村上龍独自の社会問題に対する警告といったものも、言葉とか事象ではなく感覚として共有させられるような気になります。

神の見えざる手というか糞ガキの逆襲。

そしてこの物語で切っても切り離せないのが『昭和歌謡大全集』にも登場した「イシハラ」率いる糞ガキ軍団です。この非常に現実的に政治的なノンフィクションのドキュメンタリー番組のような構成の中に唯一誰が見ても明らかなフィクション要員として彼らは登場します。この糞ガキどもの成長と暗躍。明らかにありえない状況が混入することで一種の安心感をこの作品で担当しています。

そしてそのフィクション感はメタ的に作品内にも影響を及ぼし、ここまで読者には痛烈な印象を残しながらも作品世界においてはほとんど表には出てきません。この世界において彼らは影も形も存在しないままに物語が終わるのです。

大長編を書くという責任。

そして一番読み終えてよかったと思えたのは、しっかりとエピローグが用意されていた点。この一点に尽きると思います。究極に至高を散らかしておきながらそれを散らかしたまま、ふわっと宙ぶらりんにされた状態でブツッと終わってしまう作品は多々ある気がします。それはそれで、あえて収束させないことで解釈や想像に幅が出て楽しいといえば楽しいのですが、この作品に限っていえばこのままエピローグ無しで終わっていたら、そのまま考える体力もなく思考停止してしまう可能性が大いにありました。しっかりとその後の日本、福岡の動きを提示し、イシハラ軍団の今を短くも簡潔にしかしちゃんと着地させてくれた所に村上龍の『半島を出よ』に対する責任と読者に対する優しさを感じ取ることができたように思います。

本当に疲れました!もう二度と読みません。少なくとも向こう5年は読みたくないです。


Panjabi MC - Mundian To Bach Ke (The Dictator Soundtrack)

おやすみなさい。